2種類に区分される電話占い

「霊感」「霊視」「透視」を使った電話占いが流行っています。

電話占いは一般的に次の二つに区分されます。

1番目は「手相」「易学」「四柱推命」などです。

こちらは学術的な統計学をベースにしています。

2番目は「透視」「霊視」「霊感」などです。

こちらの方は特別な能力を持っている霊能者・スピリチュアルカウンセラーが鑑定してくれる電話占いです。

クチコミ情報サイトで高い評価を得ているのは2番目の特別な能力を持っている霊能者による電話占いです。

この両者の違いはどこにあるのでしょうか?1番目の統計学を基本にしている占い方法は相談者個人にスポットを当てているわけではありません。

それよりも自分の占術の法則によって鑑定します。

その法則の範囲で相談者がどういった状況にあるのかを割り出す方法です。

必然的に的中率は低くなります。

統計学での占術では的中率に限界があります。

個人個人に照らし合わせて占うには限界があるわけです。

ですが2番目の特殊な霊能力を持っている人による電話占いは基本的に相談者しかみません。

統計学的な観点から鑑定するのではありません。

その人物にスポットを当てて過去・現在・未来を鑑定します。

その相談者が何を求めるのか、その願望を叶えるにはどうすればいいのかの具体策をアドバイスしてくれます。

念じたり波動を調整しながら相談者の希望を現実に変えてゆきます。

透視能力・霊視・霊感がある人ならば電話で相談者の声を聞いたら数分でその人物の過去・現在・未来が映像として見えると言われます。

感覚的に察したり自動的に言葉がでたりします。

電話の声だけで全てを把握できる霊能者だからこそ的中率が高くなるわけです。